診療案内

歯周病・予防歯科

いつも綺麗な歯、なんでも食べられる歯であるために…
歯医者に何度も行かないために行く綺麗になる所…

予防目的で
1:歯のクリーニングをする。
2:ブラッシングの仕方を学ぶために行く。

虫歯や歯周病を防ぐには、予防が不可欠です。
虫歯や歯周病が悪化してから歯医者にいくのではなく、健全な状態を維持するために、悪くなる前に歯のチェックを行うことで虫歯・歯周病の予防ができます。
また、早期発見・早期治療だと来院回数・費用も抑えられます。
当院では、患者様にできる限り予防歯科を積極的に取り組んでいただき、虫歯・歯周病が進行しないようにおすすめしております。

虫歯の予防

フッ素塗布

フッ素は自然界にも存在しますが、歯にフッ素塗布を行うとエナメル質(歯の表層)に取り込まれ、虫歯に強い物質にかわり、虫歯になりにくい歯になります。

フッ素の効果的な利用方法
1:フッ素入りの洗口剤の使用(うがいができる子ども以上)
2:フッ素入りの歯磨き剤を使用(うがいができる子ども以上)
3:フッ素入りのスプレーを使用 (何歳でも可能)
4:歯科医院でフッ素を塗布する(高濃度フッ素です。3~6ヶ月に1度。)

フッ素の効果が一番高いのは、出始めの歯(萌え出したての歯は弱いため)で、永久歯は6歳~12歳ごろに順々に揃っていきます。また、フッ素を塗ったからといってむし歯にならないというわけではなく、予防手段の一つとお考えください。家庭での毎日の歯磨きと定期的なむし歯のチェックとフッ素塗布が有効です。

シーラント

シーラントは虫歯になりやすい奥歯の溝を、接着力のあるプラスチックで塞ぐ虫歯の予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているため、歯ブラシの毛先が届きにくいため、磨ききれず虫歯になりやすいのが現状です。特に、はえて間もない奥歯の永久歯(6歳臼歯)はまだ完全ではないので虫歯になりやすいので注意が必要です。こういった理由から当院ではシーラントでの予防も行っております。

シーラントについてのご注意
シーラントをしたからといって虫歯にならないというわけではありません。またシーラントがはがれてしまうことがあるので、きちんと封鎖できているか、虫歯になっていないかなどを定期検診でチェックすることは必要になります。

歯周病について

歯周病とは、歯茎が腫れる歯肉炎と歯の周りの骨が下がる歯周炎があります。
歯ぐきの腫れ・出血・口臭・歯の揺れ・噛んだ時の痛みなどの症状がでる病気で生活習慣病です。
その原因は、プラーク(食べかすと細菌の塊)と歯石です。

治療法

1:症状が軽い場合は、歯ブラシの練習・歯石の除去などで改善します。
2:中期だと麻酔をして歯石の除去をします。
3:ひどいと歯ぐきの手術・抜歯をします。

歯周病治療の秘訣は、プラークコントロールです。それは、歯ブラシや補助器具(小さいブラシ・糸ようじ・歯間ブラシ)などを使ってプラーク(歯垢)をつけないようにコントロールすることです。プラークコントロールを完璧に毎日行えれば治療の90%は終了と言えます。いくら高価な治療・精密な治療をしても毎日のプラークコントロールができなければ意味がありません。

もうひとつの秘訣は、定期検診の受診です。治療後も1~12カ月毎の定期検診が大切です。

メインテナンス(定期検診)が大切!

お口の健康を末永く保つには、歯周病の治療後も、自分自身での毎日のケアが大切です。そして、定期検診で歯科医・歯科衛生士によるメインテナンスを受けましょう。

歯周病予防について

歯周病は歯そのものではなく歯の周り(歯を支えている骨)が炎症を起こす病気です。
主に歯茎(歯肉)から血や膿が出たり(出血と排膿)、口臭、歯がグラグラゆれるなどの症状があります。

歯周病の予防方法

1.毎日の正しい歯磨き(歯ブラシ・歯間ブラシ・糸ようじなどの使用)
2.定期的なお口の中のメンテナンス(クリーニング・歯石除去など)
3.体の健康状態維持(適度な食事・運動)

歯周病はお年寄りだけでなく、子どもを含むほとんどの年代の人に見られます。
当院では早い時期から意識して予防・治療することをおすすめします。

歯の予防のために定期健診を受けるようにしましょう

まちのはいしゃでは基本的に3~12ヶ月毎に、定期健診のお知らせのお葉書きをお送りしております。
また、ご希望の患者様には診療室で予約日を決めて定期健診のお知らせのお葉書きをお送りしております。