診療案内

インプラント

無くした歯を補い、残った歯を長持ちさせることができます。

虫歯や歯周病などにより歯を失ってしまった場合、インプラントによってそれを補うことが出来ます。

インプラントのメリットは、周りの残っている天然の歯に余計な負担を掛けず、多くの歯でバランスよく噛む事ができることです。そのため残存歯が長持ちするのです。

インプラントのメリット
自分の歯のようによく噛めるようになります。また、固定式にできるため取り外す必要がありません。入れ歯もグラグラせず、しっかりすることもできます。その他、隣の歯を削らないで治療することが可能です。
インプラントのデメリット
オペ(手術)などを行うため、治療期間が長くなります。また、定期的なメンテナンスも必要となります。保険適応外のため負担費用がかかります(1本250,000円~となります。)。

5つの技法

ソケットリフトとサイナスリフト

上の骨がないところにもインプラントが可能

上の奥歯の上部に空洞(上顎洞)がありその内部の粘膜を挙上しそのスペースに骨や骨になるものを移植して骨の厚みを獲得する方法である。

スプリットクレスト

顎の骨を割って骨の横幅を広げる手術

土台部分を作る手法で水平的な骨の幅が不足してる場合切り込みを入れ骨を広げてインプラントを入れる方法である。

GBR法

骨が無いところにも骨を作る

骨誘導再生法と言われ骨幅や高さが足りない場合に骨の再生を促す特殊な膜(メンブレン)を使用して骨量を増やす方法である。

all on 4 (6)

最小4(6)本で支え、短期間での治療が可能

総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4(6)本のインプラントをバランス良く埋入する方法でその日のうちに固定式の仮歯を入れるのですぐ噛める。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントと入れ歯とのあわせ技

入れ歯がかたつく方にインプラントを埋入してそれを支えに取り外し式の入れ歯を安定させる方法である。

取扱インプラントメーカー

まちのはいしゃでは、主に2つのメーカーのインプラントを取り扱っています。
患者様の状況やご希望などに応じて、使い分けていますので、詳しくはスタッフまでお気軽にご相談ください。

アストラテックインプラントシステム

チタン表面で骨の治癒を促進。インプラント発祥の地、スウェーデン産

ケンテックインプラント

国産メーカーによるコストパフォーマンスに優れた新しい時代のインプラント

インプラント治療の流れ

  • STEP1診査・簡単な準備・説明を行います

    口腔内のチェック・レントゲン・歯型(模型)などを準備します。
    その後、インプラントの説明をさせていただき、問題なければステップ2へ進みます。

  • STEP2手術の準備を行います

    インプラント用のレントゲン撮影・CT撮影などを行います。

  • STEP3手術を行います(1回目)

    インプラントの埋入手術を行います。

  • STEP4手術(2回目)

    ※状態によって行う場合と行わない場合があります。
    歯ぐきの処置を行います。

  • STEP5かぶせの型どりを行います

  • STEP6かぶせをセットします

  • STEP7定期健診を行います(3・4・6・12ヶ月後)

安心の実績と経験値

  • 香川大学医学部歯科口腔外科インプラント臨床専門養成コース 修了(2015.09.30)
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • IDIA(アメリカインプラント学会)の認定医 修得(2016.02.12)
  • DGZI(ドイツのインプラント学会)の認定医 修得